健康住宅 家族の健康を守る

昨今、住まいの高気密・高断熱化が進む中で、健康に対する大きな問題になっているのがシックハウス症候群です。Fフォースターの建材を使うだけでは、安全な住まい環境は作れないという中で、レモンホームが安全な家づくりのための建材や工法を探し続ける中で出会ったのがこの「抗酸化リバース工法」です。化学部質そのものを減らすことが可能であり、また、化学薬品では無いので副作用の心配もなく安全な施工材料です。カーテンや家具にも施工可能、シロアリ等の外注対策にもなる万能な工法です。

リバース工法の優れた特性

リバース工法は建材から発散される有害科学物質を分解、低減させます。
シックハウスの主な原因をされるのは、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、VOC(揮発性勇気化合物)です。
その対策として、建材はホルムアルデヒド発散量が規制されていますが、果たしてこれでシックハウス問題は解決したのでしょうか・・・。
抗酸化棟(抗酸化リバース広報施工)と、非抗酸化棟の室内空気を採取し、分析したところ、
抗酸化棟ではホルムアルデヒドに限らず、すべての項目で定量下限値未満でした。

帯電防止と省エネ効果

家電製品が多い現在の住宅事情では、静電気をなくすことは不可能と思えるかもしれません。
抗酸化リバース溶液の還元力は静電気を抑制し、壁面やテレビ画面など垂直面は汚れにくくなります。

いやな臭いを分解

抗酸化リバース工法のお部屋では、生活臭(生ゴミ・ペットの臭いなど)を軽減し、
クリーンな空気で暮らせます。また、臭いが消えるのが速く、素材の香り(木や花など自然のもの)は残します。
たばこで消臭試験をした結果は…違いは歴然で抗酸化室は30分で臭いを分解しました。

癒しの空間

家に居るだけでくつろげる住まいづくりは、生活する中でとても大切なことです。
生活する中でとても大切なことです。
抗酸化リバース工法は、ストレスの多い社会でリフレッシュできる快適な空間をつくります。
抗酸化リバース工法室は、マイナスイオン数が多く、空気イオンのバランスがとれています。
非抗酸化室は、逆にプラスイオン数が多くなっています。

レモンホームの「3つのこだわり」

お問い合わせ

ページトップへ